ことば

四万十川〜水の呟き
                  水に遊び〜水に学ぶ

ことばのちからとふしぎ

                                               HOME
                                                           ありがとうネットワーク
                                                          こどもばん
  
                                       

しまんとがわ(水)に「ありがとう」ネットワーク

こ ど も ば ん


                           
 ことばのちから                            ことばと水のふしぎ

                                      
 
ことば の ちから ★  ことば と 水 の ふしぎ


ことば を はっするおとには しんどうがあるって しっていましたか?

「ありがとう」の ことばと 「ばかやろう」の ことばの しんどうのちがいは

どうすれば わかるのでしょうか


そして そのしんどうは 水に どんな えいきょうを あたえるのでしょうか






             ことば の ちから ★ ことば と 水 の ふしぎ
 
       
              ♪☆ えもと まさるせんせいの こと ☆♪

    なんと すごいことに 水には きいたり みたりする のうりょくがあることを 
  
    しょうめいすることに せいこうしたひとがいました。

    そのひとのなまえは 「えもと まさるせんせい」 といいます。

    えもとせんせいが かんがえた 水のふしぎなのうりょくを しょうめいするほうほうは

    しりたい水をこおらせて できるけっしょうを しゃしんにとることです。
 
    水をいれたびんに もじをはったり ことばやおんがくを きかせたりしてから 

    その水をこおらせて できたけっしょうを しゃしんにとるのだそうです。

    えもとせんせいのうつした 水のけっしょうしゃしんは せかいじゅうに ひろがり
 
    えもとせんせいは たちまち せかいじゅうの にんきものになりました。

    それで いまでは いちねんのはんぶんは せかいのくにぐにで こうえんかいをひらき

    「水やことばのたいせつさ」 を つたえるかつどうをしています。

    また えもとせんせいは 「水やことばのたいせつさ」 を わかりやすくせつめいした

    「水からのでんごん」 というえほんをつくり せかいじゅうのこどもたちに 

    プレゼントしたいと かんがえました。

    それは 「EMOTOプロジエクト」 といい たくさんのきょうりょくしゃと いっしょに

    かつどうを つづけています。
      
                             

                                
      ことばのちから    水のふしぎ    ことばのふしぎ      水のふしぎ     ことばのちから


                  
           
♪ことばのちから★ことばと水のふしぎ♪
               
      
★♪☆水からのでんごん水からの伝言☆♪★
それでは 「水からのでんごん(水からの伝言)」 というえほんの 
いちぶぶんを しょうかいしましょうね♪(*^^*)☆
   
  
  ★わたしたちのからだ と 水のかんけい★

          「水からのでんごん」 より

 うまれたとき わたしたちのからだは 85%が水です。

 おとなになると からだのなかの 水のわりあいは

 70%になります。

 わたしたちのからだは ほとんどが 

 水でできているといって いいかもしれません。

 また わたしたちは あさ おきたときから

 よる ねるまで 水にかこまれて くらしています。

 ちきゅうもおなじで ひょうめんの やく70%が 

 水でおおわれています。 

 「水のわくせい」といわれるりゆうです。

 にんげんと よく にていますね。



    ★♪おんがくを きいた水♪★

 おんがくで 水は かわるでしょうか

 水に おんがくをきかせて ためしてみることにしました。

 でも どんなおんがくを つかったら よいでしょうか

 おんがくの ながさは?

 おとの おおきさは?

 水を おくばしょは?

 そのための けんきゅうが おこなわれました。

 水に おんがくを きかせるためには

 いろいろなことを かんがえなければ いけません

 ふたつの スピーカーのあいだに 水のビンをおいて

 ひとつのきょくを はじめからおわりまで 水にきかせました

 そして、水をこおらせるまえに

 水がはいった ビンのそこを トントンと たたきました。


            
      チャイコフスキー 「はくちょうのみずうみ」
                ↑↑
 おんなのこが あくまによって はくちょうにされてしまう
 おはなしを ひょうげんする おんがくです。
 けっしょうは かなしいはくちょうに みえるでしょう?
  


         
          べーとーべん 「でんえん」
                ↑↑
  あかるく さわやかで たのしいきょくです。
  よいおんがうは 水をきれいにすることをしょうめいする
  うつくしい けっしょうです。



            
          あるヘビーメタルの きょく     
                ↑↑                 
      かしの ないようは いかりが いっぱい
      けっしょうが ばらばらに こわれています。        


         
         
にほんの あるヒットきょく
               ↑↑
       わかものに にんきのうたです。
       しかし こころがかんじられない かたちが 
       しかくの けっしょうに なりました。
       ヒットきょくが いいけっしょうになるとは 
       かぎらないようです




    ★水に もじを みせた★ 


ことばを はっするおとには

しんどうがあるって しっていましたか?

やさしい 「ありがとう」 の ことばと

「ばかやろう」 と どなることばには 

ちがいが あるのではないでしょうか?

わたしたちは 水のビンのひとつに 「ありがとう」 と

プリントしたものを はりつけ

もうひとつの ビンには 「ばかやろう」 と はりつけて

ひとばん おきました。

そのご その水をこおらせて 

水のけっしょうしゃしんを とりました。

そのけっか いわれたことばや かかれたことばによって

水のけっしょうも かわることが わかりました。

おなじような じっけんを なんども おこないましたが

いつも おなじようなけっかが でました。



「ありがとう」 のことばの 水のけっしょうは 

うつくしく かがやきました。

「ありがとう」 と いわれたときの 

わたしたちの かおのようですね♪

「ばかやろう」 のことばをみた水は、

どろどろとして けっしょうが できませんでした。

こころが くるしんでいるようすを あらわしているようですね。




   
  
  「きれいだよ」 「じょうずだね」 とほめられたとき
  わたしたちの からだの水は こんなにうつくしく
  かがやいているのですね♪(*^^*)♪☆

    


   
 
  「きたない」ってことばを かけられたら
  こんなに きたないけっしょうに なってしまうのですね。
  うえの「きれいだよ」の もじをみせた水と 
  おなじ水には みえないでしょう?

  きたなくかんじられるものを みたときに
    「だいじょうぶだよ きれいになるからね」って
  ことばをかけてあげられたら きっとよろこんで
  「きれいになろう」って がんばって うえの水の
  けっしょうのように かわっていくのだろうな♪(*^^*)☆




   
   
 
 「へいわ」という もじを みた水は
  ほしのように きらきらと かがやいています。




   
   
  「せんそう」という もじを みた水は
  けっしょうが こわれています。
  わるいことばを きくと からだのなかの水も
  このように こわれてしまうのですね




   
      
      「きぼう」 と 「ぜつぼう」 のちがいを
            かんさつしてみてね♪




   
   
  「しようね♪」 とよびかけられたら
  ファイトが わいてくるようすが 
  けっしょうに あらわれていますね♪☆

  「しなさい」と めいれいくちょうで いわれたとき
  わたしたちは 「ムカッ」 ときますよね。
  そんなときには からだのなかの水が こんなに
  ゆがんでしまっているのですね。




    ★♪ 水にきもちをつたえたら ♪★

みんなで 水に いのったり かんしゃのことばを かけたりと

ひとの きもちをつたえたら どうなるかを ためしてみました

これは ぐんまけんの ふじわらダムで おこなわれた

じっけんです。

   
        
ぐんまけん の ふじわらダム

ほんでは ふるくから 

ことばには たましいがやどると いわれています。

 
       
               ↑↑
    
きもちを つたえるまえのけっしょうは
              こわいほどの けっしょうです。



   
        ↑↑
 
きもちを つたえたら 
     こんなに うつくしいけっしょうに なりました。
 おなじ水だとはおもえないほど かがやいていますね♪


みずうみのほとりで 1じかんほど いのりました。

そうしたら ダムの水が めでみても わかるほどに 

きれいになっていきました。

そのあとに さつえいしたのが このしゃしんです。

ひとびとの あいと かんしゃの きもちがつたわったとき

ほんとうに すばらしいことが おこるのかもしれませんね♪



           さんこう しりょう
     ☆ こくさい いのちの水 ざいだん ☆
     「水からのでんごん」☆ 「水からの伝言」 

        水への愛と感謝プロジェクト




TOP四万十川〜水の呟き

☆四万十川に愛と感謝を♪
 
ありがとうネットワーク

 ありがとうネットワーク
   
こどもばん

 
 洗剤を減らそうよ♪
 合成洗剤と皮膚
    シャンプーと毛髪
 太陽光発電システム

☆親子で学ぶエコリンク
 
地球温暖化って?
 森林破壊って?
 オゾン層破壊って?
 環境ホルモンって?
 水はどうして汚れたの?
 ごみはどうして増えたの?
 酸性雨って?
 異常気象って?


☆環境に優しいお掃除法
 重曹と酢でらくらくお掃除
 バスルームのお掃除
 便器のお掃除
 キッチンのお掃除


☆四万十川流域情報

 暮らしと文化
 イベント情報
 特産・物産・人紹介

☆癒しの広場

 源流の呟き
 滑床渓谷の呟き
 黒尊渓谷の呟き
 ぶらり一人旅の呟き
 沈下橋の呟き
 虹の森公園の呟き
 芝不器男の呟き
 
☆温泉宿とお愉しみ広場
 ホテル松葉川温泉
 一の又渓谷温泉
 十和温泉
 ホテル星羅四万十
 四万十癒しの里
 森の国ぽっぽ温泉
 
☆四万十川伝統漁法
 火振り漁
 鮎の友釣り
 手長えび漁
 ツガニ漁

☆川魚と山菜の郷土料理
 鮎の郷土料理レシビ
 手長エビの郷土料理レシビ
 ツガニの郷土料理レシビ

☆デジカメ写真集
 四万十川風景写真集
 四万十川沈下橋写真集
 お花の写真集
 北京の写真集
 大連の写真集
 アフリカの写真集
 ニュージーランドの写真集
 
☆美容と健康の広場
 美肌はこうすれば甦る
 知っておきたい皮膚の構造
 紫外線と肌の関係
 メラニンの役割
 シミはこうすれば消える
 若ハゲ若白髪は肌荒れから
 呼吸法で美肌をゲット

☆リンク・LINK
 リンク集
 
☆プロフィール
 
管理人の呟き
 
★相互リンク募集★

★番外編
  太郎と千春の部屋




                  



              
 ★しまんとがわ(水)にありがとうネットワーク★   
              

   
   しまんとがわ(水)にありがとうネットワークは、
 
     しまんとがわに あい と かんしゃ のきもちを つたえる ネットワーク です♪☆

 
         
 ☆♪ かんしゃのこころを ありがとうの ことばにそえて とどけたい ♪☆

                    

    
    うえの しゃしんは かんじの 「愛・感謝 (あい・かんしゃ)」 というもじを 
 
       水に みせたときの けっしょうです。

       えもとせんせいは たくさんの けっしょうしゃしんを さつえいしてきましたが

       これほどうつくしい けっしょうしゃしんを みたことがないと おっしゃっています。

       水から わたしたちへの でんごん です。

       これいじょう とおといものは ないのですね。

       「あいとかんしゃ」 をつたえることで まわりの水や からだのなかの水が

       こんなにうつくしく へんかしてくれるのだったら 
     
       これほど すてきなことは ありませんね♪☆



                           
                 
 ことばのちから                 ことばのふし




       ★ しまんとがわ だいすきのひと 「このゆび と〜まれ!」 ★
         
         
       
いつでも どこでも しまんとがわを おもいだしたときに

     また、できれば まいつき 14にち に しまんとがわに 
              「し(4)まんと(10)だから 14にち に きめました」

     あい と かんしゃの きもちを つたえてください(*^^*)☆

     どんなに とおくからでも あいの はどうは とどくのだって 

     えもとせんせいは おっしゃっています。

     みんなの 「ありがとう」 や 「すきだよ」 「きれいだね」 といったことばは

     どんなにとおくにいても きこえているのだそうです。

     たくさんの ひとびとからの あいのことばをきいた しまんとがわは

     きっと よろこんで 「きれいになろう」 って がんばってくれるだろうな!!

     みんなの あいで しまんとがわを まもっていけたら どんなに すてきでしょう♪♪



          ♪ どうぞ あなたの あいを
                しまんとがわに とどけてくださいますように・・・・・♪☆

                       あい  かんしゃ  


                                               
                                          
 かんそうを きかせてね
                                               (*^^*)☆♪


                  Copyright (C) 四万十川〜水の呟き All Rights Reserved